「シンデレラ・エクスプレス」 – 松任谷由実

6236 views   77 likes   2 dislikes  

Channel: 影像らぢお

1987年夏に第1作が制作された。松任谷由実のアルバム『DA・DI・DA』(1985年リリース)の収録曲の一つである「シンデレラ・エクスプレス」をモチーフとし、東京発新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻である21時ちょうどを、童話のシンデレラで主人公が舞踏会に行くための魔法の解ける午前0時に見立て(新幹線の営業運行も0時で終了するようダイヤが組まれている)、離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、再び別れていく日曜日の夜の新幹線ホームで繰り広げる恋のドラマを描いたものであった。撮影は、列車運行が終了した深夜の東京駅ホームを使い、100系電車を数回往復させて行われた。ホームには一部布が敷かれ、スモークも発生させるなど、大掛かりな撮影となった。
このCMが放送されると、実際に恋人たちが新幹線で週末に相手のもとに会いに行き、最終の新幹線のホームで再び別れる姿が各メディアで注目されるようになり、現実に各車両の出入口毎に1組のカップル、という状況も見られた。JR東海も、該当列車となるひかり289号に当時最新型であった100系を優先的に充当させるなど、これに応じている。

1992年には東京発新大阪行き最終が21:18発「のぞみ303号」(当時)に変わったことにより、5年ぶりに作成されている。このバージョンではのぞみに用いられた300系が用いられている(一連のエクスプレスシリーズCMで唯一の登場)。(ウィキペディアより)

本ミュージック・ビデオでは一部 ”fromtokio” 様のユーチューブ・チャンネルより映像をお借りし使用させて頂きました。fromtokioさん、ありがとうございました。https://www.youtube.com/user/fromtokio

*** — *** — *** — *** — *** — *** — ***

影像らぢお作品はビデオ・コラージュです。
影像らぢおが独自に撮影・編集したもの以外の画像や音源も使用されております。

音源著作権について。
本ビデオに使用されている楽曲音源に関する著作権管理は音楽著作権管理事業を行っております株式会社NexTone((ネクストーン。https://www.nex-tone.co.jp/YouTube_FAQ/ )よりこのビデオに限定された利用許諾を得ております。よって広告掲載はネクストーンが管理しております。

その他映像・画像著作権について。
本ビデオの映像編集はすべて「影像らぢお」のオリジナルです。本ビデオに使用されている静止画を含めた画像(静止画、動画)の著作権については知りうる限り無料画像など特定の著作権を侵害しないものが原則ですが、万が一著作権に抵触の疑いがある場合はその画像のタイムスタンプ(何分:何秒〜何分:何秒まで)およびオリジナル画像制作者のお名前をコメント欄にてお知らせください。再編集もしくは画像の使用についてご相談させて頂きます。

Video length: 4:44
Category: People & Blogs
7 comments

* This article was originally published here
ユーミンを『動画でひと休み』でお楽しみ頂きまして有り難うございました。