夏は終わり?松田聖子の秋 !早出しカバー 黛ジュン 天使の誘惑 未完成ラッシュ版

2483 views   70 likes   3 dislikes  

Channel: 松田聖子 コンサートYou Tubeラジオ マイケルJJ

松田聖子 秋公開予定のラッシュ版
カバーは何歌っても秀逸(^_^)
黛ジュン 「天使の誘惑」1968
1979年04月ソニー若松プロデューサからの
指示を受け、福岡市の平尾昌晃音楽学院に
週2回通い歌のレッスン開始
1979年05月 平尾昌晃音楽学院で舌の
位置がおかしいと言われ、舌の一部
切除の手術をして、らりるれろの発音が正確になる
註:改善例「オリリナルテーマ」
「おもみだしながら」
1979年05月 若松がサンミュージック
プロダクションの相澤秀禎に直訴するが
一旦保留・・1979年06月 上京しサン
ミュージックの面接(ご尊父も出張に合わせ同道)
直接歌唱を聞いた幹部社員らに
注目され契約の運び、但し来年3月の高校
(信愛女學院)卒業後に来るよう告げられる
註:このときだわね。
新宿でアイスクリーム食べながら
(若松さんも同席/新宿の喫茶店で)
ご尊父「(あのときあんたが
泣き出したから)もう法子ちゃん帰ろうか。
一緒に連れて帰ろうか」
のりこさん「(泣きながら)いや、ぜったいがんばる」
あはーんあーん、って云うね。
「おかあさん」の後の電話でお父様が
話してた。
1979年06月30日(土)
【のりこさん独断単独上京】
サンミュージックの相澤社長の自宅を訪れ、
1日でも早く歌手になりたいという
強い決意を伝える(註:この旅費交通費は
誰が出した? おかあさまかなぁ?
1979年07月01日(日)サンミュージックと契約
行動力と熱意に押された相澤は
法子を寮に住まわせる
1979年07月02日(月)福岡県久
留米市の信愛女学院にて転校手続き
両親は「芸能界で失敗してもいいように」と
信愛女學院に再転入手続きが出来る
ようにともとの担任に懇願していた
1979年07月03日(火)東京・堀越
学園高校へ編入手続き

Video length: 2:32
Category: Entertainment
11 comments

* This article was originally published here
松田聖子さんを『動画でひと休み』でお楽しみ頂きまして有り難うございました。