松田聖子 指輪1000万プレゼント!にドッキリ ラッシュ版

794 views   40 likes   1 dislikes  

Channel: 松田聖子 コンサートYou Tubeラジオ マイケルJJ

松田聖子さわやかなイメージの
ピンクのモーツァルトの頃の
ショートカットの頃かな?
デビューから、アルバムThe 9th Wave
までの独身期間が特に好きだった。
この頃の聖子ちゃんは歌が上手く
声も良く、しかも曲を提供する
アーティストが抜群に良かった。
当然、この曲もオリコン1位なんかは
楽勝で取るのだが、自分はそんなに
好きではなかった。
やっぱり、ユーミンとか尾崎亜美とか
佐野元春とか財津和夫なんかが
書く曲が好きだった。
でもこの曲を聴くと、みるみる蘇る
記憶があるのだ。
それはこの曲の収録されたWindy Shadowと
いうアルバムが発売されたとき、
自分はLPを購入したのだが、友人が
なんとCDを購入したのだw(゚o゚)w
そして、ソニーのD50という小さな
ポータブルCDプレーヤーを持ってきて
私にどうだすごいだろう
と言わんばかりに聞かせたのだ。
当時、CDはまだそれほど普及して
いなくて、これから10年20年かけて
レコードと入れ替わるだろうなんて
言われていた。
実際はご存知のとおり、レコードは
あっという間に駆逐されて
CDの時代が到来した。
で、このD50で聴いた音だが
厚みのある、ゴロゴロとした
感じだった印象がある。
当然ノイズはなく、おもちゃみたいな
プレーヤーから出る音とは思えなかった。
自分が結構いいレコードプレーヤーを
使っていたので(マイクロ)、さほど
凄いとは思わなかった
が、それでもこんなのでこの音が
出るのか、とは思った。
ウォークマンでヘッドフォンステレオの
音を聴いたときほどは感動しなかったが、
やはり記憶には残っている。

アイドルとして一世を風靡した松
田聖子が少しずつ変化していくのと
同時に、音楽のメディアも変化が
始まっていた、そんな時代であった。

この曲のシンフォニー、
モデラート 音楽用語は出てきますが
どうしてモーツァルトなのか
ベートーベンじゃダメなのか
なぜピンクなのか?
ほんとうに、モーツァルトの演奏は
とても特別です、なぜなら、そこには
黄金のルールがあるからです
彼のピアノ音楽を弾くときに
従わねばならないルールです。
覚えておかねばならないのは
本当のforteも本当のpianissimoも
不可能だということです。
もし、強く弾き過ぎれば、ハンマーを
壊すでしょう。もし柔らかく弾き
過ぎれば、音符は音になりません。
ですから、本当のforteとか、囁くような
pianoは、あくまで比較という意味でしか
使えないのです。
この知識が、モーツァルトの音楽を
演奏する際に、指針となります。
ですが、私は常々思ってきました、
モーツァルトの語り口の気品が、
いずれにせよ良い抑制になると
いうことです。モーツァルトが最も
感情を爆発させるときでも、それは
彼の暗い面なのですが、気品によって
和らげられていると、私は思っています。
テンポについて、モーツァルトの
音楽には、他の作曲家の音楽と
同様に、文字

Video length: 4:47
Category: Entertainment
9 comments

* This article was originally published here
松田聖子さんを『動画でひと休み』でお楽しみ頂きまして有り難うございました。